不倫・浮気の証拠をつかむ方法 自己調査 パソコン編

探偵に頼む前にできる自己調査 パソコン編

 

パソコンの使用状況・情報をチェックする

最近では、パソコンも一人一台の時代になりましたが、それでも据え置き型のパソコンを家族で供用している場合もあるでしょう。そういった場合は、パソコンを調べれば不倫・浮気の証拠が見つかるかもしれませんからチェックしてみて下さい。

 

スマートフォンが普及した現在でも、情報量や大きな写真を見たい場合はパソコンがまだまだ便利ですから、痕跡が残っている可能性があります。スマートフォンは見られないように注意するのに、パソコンは無頓着な人もいるようですからね。

 

閲覧履歴をチェックする

インターネットの履歴を確認できれば、どのようなサイトにアクセスしていたかが確認できます。すぐに怪しいとは言い切れませんが、旅行・遊戯施設・飲食などをこまめに検索していたら要チェックです。ラブホテルだとクロに近いでしょう。

 

主なブラウザの閲覧履歴の確認方法

・ Internet Exprorer … 確認方法
・ Microsoft Edge … 確認方法
・ Google Chrome … 確認方法
・ Fire Fox … 確認方法

 

SNSをチェックする

Facebook・Twitter・LINEなどのSNSは、パソコン・スマートフォンのどちらでも操作できるので、パソコンからログインすれば決定的な証拠が見つかるかもしれません。

 

但し、ログインパスワードを解析しログインすることは違法になりますので注意が必要です。でも、たまにSNSのパスワードを、パソコン自体やパスワード管理ソフトに登録しているため、SNSのページを表示した時点で「ID/パスワード」が入力されちゃうことがあるんですよね。

 

自宅のパソコンだと思って油断をしているんでしょう。また、女性はパソコンに弱い方も多いですから、見られることはないとたかをくくっているのかもしれません。

 

主なSNS
・LINE ・Facebook ・Ameba ・Google+ ・GREE ・Instagram ・mixi ・Miiverse ・Mobage ・Skype ・WeChat 他

 

みんなが使っているSNSだけでなく、一昔前に流行ったSNSなども根強く不倫・浮気には使われるケースは多いようです。

 

メールをチェックする

SNSでのやり取りが主流になりつつありますが、やはり定番のメールも使われることが多いツールです。スマートフォンのメールを確認するのは難しいですが、パソコンであればパスワードを掛けていない場合も多いですから決的な証拠が見つかるかもしれません。SNSと同様に、ログインパスワードを解析しログインすることは違法になります。

 

家族で使うパソコンの場合、メーラーのショートカットを隠していたり、フリーメールアドレス(Gmail・ヤフーメール)・使い捨てメールアドレスなどを使用しバレないようにしていることがあります。

 

使い捨てメールアドレス : 時間制限がある無料のメールアドレスが使えるサービスです。10分・1時間・1日・1週間など様々な期限のものがあります。期限が過ぎるとメールアドレスが消滅してしまうので、不倫・浮気のやり取りがわからなくなります。(NAVERまとめ:使い捨てメールアドレス