探偵事務所と不倫・浮気調査の契約を交わすまでの注意すべきポイントとは…

探偵事務所と契約を交わすまでに注意するポイントとは…


全国には数多くの不倫・浮気調査を請け負う探偵事務所が存在します。その中からあなたに合った探偵事務所を探すのは大変ですよね。

当サイトで紹介している探偵事務所から選んでいただければ間違いはありませんが、なにせ高額な契約でありプライベートなことでもありますから、全て探偵事務所に任せるのではなくて、あなた自身がしっかりと探偵事務所をチェックして、一緒に不倫・浮気の悩み解決ができ、納得のいく結果が得られるようにして下さい。

「探偵業届出証明書」を確認する

探偵を開業するには、監督官庁である公安委員会に届け出をして「探偵業届出証明書」を発行してもらう必要があります。

「探偵業届出証明書」は、探偵業の業務の適正化に関する法律(探偵業法)によって、事務所などの確認できる場所に掲示しておくことが義務付けられています。

まずは「探偵業届出証明書」が探偵事務所やホームページに掲示されているか確認をしましょう。当サイトで紹介している探偵事務所のホームページでも画像として表示させているところ、届け出番号だけを記載しているところがあります。下記参照。
○○○公安委員会 開始届出証明書番号 第00000000号
この届出書があるからといって、「悪徳探偵事務所」ではないとは言い切れません。ですが、届け出もなしに探偵を名乗っているところは、あきらかに怪しいです。調査を依頼する探偵事務所の選択肢に入れないようにして下さい。

電話・メールでの無料相談時の対応

大手の探偵事務所では、電話・メールでの無料相談を受け付けています。まずは、無料相談で状況を説明し見積金額を出してもらいましょう。

依頼者の状況によって正確な金額は変わってきますが、同じようなケースで複数の探偵事務所におおまかな見積り金額を出してもらうことで、比較・検討することができます。また、探偵事務所が最近、実際に受けた調査依頼と支払金額の例を聞いてみてもいいでしょう。

以上のことをふまえて、見積り金額と相手の対応をトータル的に判断して、事務所での直接面談を受けるかを検討して下さい。

「事務所に来てもらわないと…」の一点張りの探偵事務所は、強引な契約を結ばせようとする可能性がありますからやめましょう。

探偵事務所での面談時の対応

電話・メールでの対応・見積もりが、ある程度納得の行くものであれば、直接面談を受けることになります。面談は事務所で行うことが多いですが、遠方の場合は喫茶店などで行うところもあるようです。

住んでいる場所が、探偵事務所から遠い場合であっても、可能であれば事務所で面談を受けるようにしましょう。事務所内を見れば分かることが多くあります。

「探偵業届出証明書」の確認、事業規模の大きさ、事務所の雰囲気、社員の態度…こういったものは実際に探偵事務所に行かないとわかりません。

面談を受け、見積り金額を出してもらっても、契約しなければお金はかかりません。他の探偵事務所の契約内容と比較・検討するために、面談から契約までに時間をとってもいいと思います。

面談時に契約を焦らせるような態度をとる探偵事務所との契約はやめましょう。

契約書の内容をよく確認する

調査内容・見積り金額に納得したら契約をするわけですが、内容をよく読んで、確認をして契約をして下さい。

決して口約束で契約することのないようにしましょう。もし、重要な事柄があれば、契約書に一筆書いてもらうようにして、後でトラブルが起きないようにしましょう。

大手の探偵事務所は、依頼人が複数の探偵事務所を比較・検討していることを知っています。ですから、面談を受けたので「その場で絶対に契約をしないといけない」と考えずに、気になる探偵事務所の面談を受けて調査内容・見積もりを出してもらってから、冷静に判断をしても良いと思います。