不倫・浮気の証拠をつかむ方法 自己調査 写真/映像/音声の撮影編

探偵に頼む前にできる自己調査 写真/映像/音声の撮影編

 

不倫・浮気の決定的証拠となりうるのは、やはり映像や写真になります。
証拠を撮るために音声を録音し、旦那さんの行動を把握するとで映像や写真の撮影成功確率が上がります。

 

映像・写真

不倫・浮気の証拠となる映像・写真を撮影できる場所は大きく分けて2つあリます。
自分で証拠を集めやすい「自宅」と、自分では限界がある「自宅外」です。

 

自宅での撮影

自宅内での映像・写真の撮影や音声の録音は、隠しカメラや盗聴器などの機器が高性能で小型化したため、以前と比べとても簡単になりました。

 

小型カメラの形状も、メガネ・時計・ペン・ライター・モバイルバッテリー・ハンガー…など部屋に置かれていても疑われないものが増えています。実際に時計・ペン・ライターなど、普通に使えますからバレにくくなっています。部屋に自然に置くことができれば、撮影するのは簡単でしょう。

 

女性が使うなら、置時計型・モバイルバッテリー型・ハンガー型などが使っていても違和感がないかもしれません。普段から置き時計・モバイルバッテリー・ハンガーとして普通に使用し、日常生活に溶けこませておくと、違和感なく撮影ができると思います。

 

使い方としては、「あなたがいない時に、他の女性を自宅に連れ込んでいないかをチェックする」「あなたがお風呂などに入っている時に、他の女性と電話をしていないかチェック」…映像はもちろん音声も録音できますから、どのようなやり取りをしているかがわかると思います。

 

女性を自宅に連れ込んでいる映像が撮影できれば、不倫・浮気の証拠となるでしょう。
また、電話のやり取りで「会う約束」をしているなら、ピンポイントで探偵事務所に調査を依頼しても良いでしょう。

 

自宅外での撮影

自宅外の撮影となると、急激に難易度が上がります。最近の撮影機器は高性能になっていますが、隠し撮り素人のあなたが対象人物(旦那さん・浮気相手)を上手く撮影する事は非常に難しいことです。

 

不倫・浮気の決定的証拠として使いたいなら、2人の顔がはっきりと確認できないといけませんし、ホテル・相手の家に入るところ・出るところを抑えないといけません。

 

しかも、隠し撮り素人のあなたが、撮影機器を持って対象人物(旦那さん・浮気相手)の後を、気づかれないように不自然に隠れたりしながらついていく光景は、あきらかに怪しいですよね。下手をすれば、あなたが通報されて警察から事情を聞かれるなんてこともあるかもしれません。

 

以上のような事を考えると、自宅外での撮影については探偵事務所のプロに任せた方が良いと思います。