不倫・浮気調査で悪徳探偵事務所に引っかからないためには…

不倫・浮気調査で悪徳探偵事務所に引っかからないためには…

 

不倫・浮気調査を依頼しようと、ネットで探偵を探してみると数多くの探偵事務所が見つかると思います。

 

しかし、残念ながらその中には「悪徳探偵事務所」が数多くあるのが現状です。
「高額な調査料を請求された・調査料だけ騙し取られた・ウソの調査結果を報告された・間違った調査結果を報告された・…」などトラブルが多発しています。

 

ここでは、あなたが間違って「悪徳探偵事務所」と契約を結んでしまわないように注意するべきポイントを紹介していきたいと思います。

 

「探偵業届出証明書」が確認できない

探偵事務所と不倫・浮気調査の契約を交わすまでの注意すべきポイント」にも書きましたが、探偵業を行うには「探偵業届出証明書」を公安委員会から発行してもらい、常に事務所などの確認できる場所に掲示しておくことが義務付けられています。

 

この届出書があるからといって、「悪徳探偵事務所」ではないとは言い切れません。ですが、届け出もなしに探偵を名乗っているところは、あきらかに怪しいです。
調査を依頼する探偵事務所の選択肢に入れないようにして下さい。

 

面談をすることを強要する

電話・メールでの相談では、曖昧なやり取りしか行わず「まずは面談をしましょう」と執拗に迫ります。悪徳業者は口が上手いですから、直接面談までこぎつければ契約させられると踏んでいると思われます。

 

確かに、不倫・浮気調査においてまったく同じものはありませんから、面談でじっくり話をした方が良いのは当然ですが、あまりにも強要するような探偵会社は危ないので注意して下さい。

 

面談時に契約を焦らせる

言葉巧みに不安を煽って契約を焦らせるような探偵会社は注意してください。また、契約を強要した時点で犯罪になります。少しでも強引だなと感じたら契約をしないようにしましょう。

 

契約書の文字が細かく確認しづらい

契約書全般にあることですが、文字を細かくして重要な部分をごまかす業者も多いです。大丈夫だろう…と安易に契約してしますと後でトラブルになります。

 

トラブルが起きると「契約書に書いてあるでしょ」の一点張りで、「高額な請求をされた」「満足のいく結果が得られずに、お金だけ取られた」なんてこともあります。

 

面談で、調査内容・見積り金額に納得したら契約をするわけですが、契約書の内容をよく確認をして契約をして下さい。