不倫・浮気の証拠をつかむ方法 自己調査 GPS/GPSロガー編

探偵に頼む前にできる自己調査 GPS / GPSロガー編

 

GPS / GPSロガー

 

GPS

最近では、お馴染みになったGPS(全地球測位システム)を使って、旦那さんのいる位置を把握する方法です。

 

GPS端末を調査したい相手に持たせることで、現在の位置情報を知ることができます。最近のスマホには、GPSの機能が備わっているものが多いですよね。

 

旦那さんのスマホのGPS機能を利用して位置情報などをチェックできるのであれば、一番手っ取り早い方法かもしれません。最近は「浮気アプリ」なるものがあります。元々は「防犯アプリ」だったのですが、浮気調査にも使えるという情報が広まり、現在では浮気の調査に使っている人もいるようです。

 

ですが、問題があります。それは「浮気アプリを旦那さんのスマホに入れないといけないこと」と「機器に詳しい旦那さんだとバレる可能性がある」ことです。

 

浮気をしている旦那さんは 「スマホにロックが掛かっている / 常に手元に置いている」ことが多いでしょうから、浮気アプリをスマホに入れることは難しいかも知れません。

 

そこで、オススメなのがGPS機器のレンタルサービスです。機器をレンタルすることで、スマホのGPS機能を使わずに追跡調査ができます。

 

レンタル料金の相場は、10日:2万円・20日:3万円・30日:3万5千円前後です。基本、届いたGPS端末を対象者の車等に隠しておき、あなたのパソコン・タブレット・スマホなどで専用サイトにログインして現在地を確認する形になります。

 

GPSロガー

GPSロガーは、スイッチを入れるとGPSで現在地を記録してくれる機器です。スイッチが切られるまで、GPSロガーのある位置を連続して記録し続けます。

 

リアルタイム検索ができないため、回収後にパソコンなどにつなげることで、ルートを確認することになります。リアルタイムに現在の位置がわからなくても、移動ルートがわかれば良いならGPSロガーで十分かもしれません。

 

比較的に価格が安く、数千円~1万円前後で購入することが可能です。

 

GPSの移動ルートの記録は裁判の証拠としては弱い

GPSの移動ルートの記録は、「あくまでもGPS機器を取り付けた車・バイクなどが、記録のルートを通った」という証拠でしかありません。

 

旦那さんに「車を人に貸した」と言われればそれで終わりです。
また、GPSで記録されたルートを通ったことを認め、そのルートにラブホテル街や浮気相手の家があって、近くで停車していたとしても、浮気相手と一緒にいたという完璧な証拠にはなりません。
旦那:「たまたま通った…」「じゃあ、逢ってたという決定的な証拠出せよ!」
あなた:「…ない」で終わりです。

 

もし、旦那さんと話し合いをするのであれば、GPSの記録と他の証拠と合わせて追求することが必要となります。

 

何度かGPSの記録を重ねて規則性をみつけて、証拠の撮影を探偵会社に任せるという方法もあります。この方法ですと、探偵調査の期間も短くできますし、確実に証拠も撮れるでしょう。